ピラティスとは・・・

ジョセフ・ピラティスというドイツ人の男性看護士が考案した、心と体のコントロールの方法を身につける身体技法で、もともとは『コントロロジー』と言われていました。

レッスン受講は最低でも週に一回

ですが・・・。

 

身体の変化を実感して頂く為には、特に初めのうちにピラティスの身体感覚や呼吸のリズムなどを時間をかけずに習得してしまうことがおすすめです。

 

お時間が許される限りスタジオをご利用ください。

または、ピラティスの時間をしっかり作っていく事も考慮して始めて頂く事がおすすめです。

 

 

ピラティス(=コントロロジー)は、

 

人間が本来あるべき心身の状態を取り戻す為の

 

身体技法を身につけます。

 

本来あるべき・・・

 骨格の状態

 筋肉の状態

 内臓の位置、そして機能

 全身の隅々まで滞りなく流れる血液

 安定した神経やホルモンのバランス 

 

外見だけでなく内側からもニュートラルな状態をつくります。

 

 

その為に、まず骨盤・背骨という身体の中心軸となる『コア』のインナーマッスル深い呼吸(胸式呼吸)を用いながら強化し筋肉と骨格のバランスを整えます。

 

 

安定したコアの筋力を強化し身に付ける一方で、四肢と呼ばれる『腕』や『脚』の関節の動きを力みなく正しく使えるテクニックを体(脳)が学習することで、日常生活の動作そのものが『自分の癖を伴った動き』から変化し、いつしかより楽で快適に感じられるようになっていきます。

 

その感覚は、どんどん身体が蘇る・若返ると言った感覚です。

 

さらにピラティスの動きに不可欠な深い呼吸(胸式呼吸)は、自律神経を整える為に私たちが自らできる唯一の手段とも言われており、

心の安定・さらには内臓の機能ホルモンバランスなどの調整にも有効です。

 

実際にどんなことをしていくのかは、是非スタジオにお越しいただき体験レッスンを受けていただきたいと思います。